KATZLIN'S blog

Contents

"Xmas!" the Beatmas2004-02-05 20:28

私は切支丹ではないので、クリスマスと言ったところで何の感興もわかないのだが、クリスマスソングにはいい曲が多いと思っている。
これは有名なクリスマスソングをビートルズの名曲のアレンジで演ってしまったアルバムである。
ジャケットからすでになりきっている。裏ジャケットにはひとりだけ裸足のヤツがいる。なんとも細かい。


Xmas! the Beatmas
  1. Jinglebell Rock
  2. Santa Claus Is Coming to Town
  3. Rockin' Around the Christmas Tree
  4. Last Christmas
  5. Feliz Navidad
  6. I Saw Mommy Kissing Santa Claus
  7. Jinglebells
  8. Rudolph the Rednosed Reindeer
  9. Mary's Boy Child
  10. White Christmas
  11. Silent Night
  12. A Bairn Is Born in Beatlehome

1の "Jinglebell Rock" は "Please Please Me" のアレンジだ。いきなりあのハーモニカのフレーズで始まる。ギターのオブリガートなんかもまるっきりそのまんま。ハーモニーの付け方や途中でファルセットになるところもツボにきていて、よくぞここまで、と思ってしまう。
アルバム中一番のお気に入りは、ジョージの "Taxman" のアレンジの、8の赤鼻のトナカイ。曲に入る前の "One, two, three..." というつぶやきも、ギターのリフも完全コピー。バックのコーラスは "Taxman" と同じ音程で、もちろん歌詞は歌に合わせて「たっくすま~ん」ではなく、「る~ど~るふ」と歌っているのだが、ぴったりだ。

ビートルズのファンでなくても充分楽しめるが、ビートルズファンならなおさら楽しい。思わずニヤリとさせられるアレンジが随所にちりばめられている。
ちなみに、バンドの本当の名前は "Rubber Band" といって、デンマークのグループだそうだ。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://katzlin.asablo.jp/blog/2004/02/05/6641066/tb